なべひろBlog

プログラミングをメインに仕事に関するアレコレを発信しています。

C#で今時な書き方の非同期なTCPクライアントを作ってみる

前回からだいぶ時間が経ってしまいましたが、クライアント側の今時な(C# Ver8)書き方を紹介します。 尚、サーバと比較すると名称に一貫性がないかもしれませんがご了承ください。 基となるマイクロソフトのコードは ソースはこちらになります。 尚、今回は…

C#で今時な書き方の非同期なTCPサーバを作ってみる 詳細編

もくじ Server ~Server message logWrite Open accept acceptCallback receptionCallback transmissionCallback Close StateObject 前回紹介したTCPサーバのメソッドを少しだけ細かく紹介したいと思います。 まあ、紹介したところで触る部分は少ないのであま…

C#で今時な書き方の非同期なTCPサーバを作ってみる 概要編

もくじ 準備 ReactiveProperty.WPF System.Text.Encoding.CodePages System.ServiceModel.Primitives 主なメソッド Server ~Server message Open accept acceptCallback readCallback writeCallback Close StateObject C#を用いたTCPサーバのサンプルソース…

意味を持たせた回路図を書く

KiCadに限った話ではないのですが、現存するカテゴリーで当てはまるのはKiCadなのでKiCadのネタとして書きます。 まずは2つの簡単な回路図を見てください。 電源コネクタとマイコンとコンデンサだけのシンプルな構成です。 この2つの回路図でネットリストを…

KiCadで基板設計をしてみる ベタGNDの配置

前回作成した回路で電気的な問題は起こらず動作するかと思いますが、もう1ステップ品質を上げた基板にしてみます。 ここで言う品質とはノイスなどに関する品質です。 欧州に輸出する場合、CE規格に適合しているかが問題になります。 CE規格はいろんな部分が…

KiCadで基板設計をしてみる

実物ができる工程の最後になります。 尚、基板設計においてはパターン幅と電流の関係、パターン間のクリアランスなどが定められています。 この情報はGoogleなどで「プリント基板」「設計基準書」で検索するといっぱい出てきますのでご存じない方はそこから…

KiCadで回路図を書いてみる

やっと回路図を書くところまで来ました。 でも、回路図を書くのは難しくありません。 必要な部品を配置して線で繋ぐだけです。 難しいのは電子回路図を考えるスキルですが、それをやり始めたらキリがないので割愛します。 尚、シンボルライブラリに「power」…

KiCadにRSコンポーネンツのPCB Part Libraryを活用してみる

フットプリントは単純な形状なので作る事自体は大変ではないですが、もし寸法を間違えそれに気づかず基板を作ったら基板が無駄になるだけではなく、基板製造に必要な物も無駄になってしまいます。 そうならないように実寸で印刷してスケールを当てて寸法を測…

KiCadの新しいライブラリを作る

いよいよ新しいライブラリを作ってみたいと思います。 用意するのは作るICのデータシートです。 作るのは前々回でチラッと出ていたMicrochip(旧Atmel)のAtmega328Pです。 作り方はは個人差があると思いますが、私の場合はピンを先につくります。 何故ならピ…

KiCadのライブラリを編集する

ようやくライブラリを編集ところまで来ました。 前々回に自分のライブラルファイルを作り、とりあえず抵抗を基本ライブラリからコピーしましたが、やっぱり抵抗はギザギザがデフォだよなという事で編集してみたいと思います。 メインとなるプロジェクトウィ…